原状回復・リフォーム

  • TOP
  • 原状回復・リフォーム
原状回復・リフォーム

「コストと質を考える」。

全ての不動産賃貸物件は、賃貸借契約により借主が貸主に対して「明け渡しの際に借りた状態に戻す義務」を追っています。
この原状回復義務に関わるリフォーム工事を承っております。

つまり、賃貸住宅退去後のお部屋に対してクロス(壁紙)や畳・障子の貼替え、水回りのコーキング打ち直しや、水道のパッキン交換、電球交換等、修理・交換をして入居前の状態に戻す工事を意味しております。

MARUKIでは、マイナスの状態から0に戻す事以上に、更に付加価値をつけたお部屋作りを目指しています。

例えば、もともと2DKのお部屋を1LDKに間取り変更したり、壁付きだったキッチンを、オープンカウンターキッチンにする。
ターゲットにあわせて、クロスをアクセントクロスに変える等、時代にあった機能へと向上させる事で、入居時の状態以上の性能にする、オーナー様のご要望に沿った「ローコストリフォーム」をご提案しております。

更に、ハウスクリーニングとセットにする事で、本来オーナー様が原状回復とハウスクリーニングを別個に依頼されていた為に発生していたコストを軽減する事が可能です。

施工前
施工後
施工前
施工後
補修前
補修後
補修前
補修後
補修前
補修後
補修前
補修後
補修前
補修後
補修前
補修後
補修前
補修後